ペントーン基礎編

漫画作画講座 ペン入れトーン基礎編
プロの現場で実用レベルになることを目指して、原稿を完成させるスキルを磨いていく講座です!
雲形定規やトーンの削り方、現場で通用するアナログ技術が身につきます!

 

◆ 講 座 内 容

英文法を学んでも、英会話ができるようにはならないように、漫画の描き方本、漫画系専門学校で教わること、それらはもしかしたら理論として間違ってはいなくとも、実際の現場で使うには力不足かもしれません。
そもそも実際の現場では「漫画家」の仕事と「作画スタッフ」の仕事、それぞれ求められるスキルが違うにも関わらず、これまで明文化されてもこなかったのが、現状ではないでしょうか。
そこでペン・トーン編では、まず「作画スタッフ」に必要な技術を分かりやすく学び、実際に使えるようになることを目指します。

◆1日目【漫画背景の基本・下書き】
道具の使い方…具体的にテクニックを知る
「ラフ」「下描き」それぞれ求められるもの。

 

◆2日目【ペン入れ】
「線の強弱」「入り抜き」ペン線に求められるもの。

 

◆3日目【仕上げ】
「トーン」「ベタ入れ」「特殊効果」など必須技術を獲得する!

 

◆ 時 間 ・ 料 金
講座日程 4時間 × 3日間
受講料 32,000円(税込)

 

担当講師 : 柚木 元 (ゆのき はじめ)

名だたる作家のもとを渡り歩き背景技術を築いてきた。
叩き上げのスーパーアシスタント。
デジタル作画など、最新の技術もいち早く取り入れ、つけペンから液晶タブレットまで幅広く使いこなす。
現在は週刊少年サンデー『ハヤテのごとく!』など畑健二郎のもと、チーフアシスタントを務める。

趣味はゲーム、水曜どうでしょう。

2018年1月

  • back
  • back
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
  • ALL
  • 初級
  • 中級
  • 実践
  • ネーム
  • イベント