講師紹介

photo_01

前田 耕作

鹿児島県出身。
福岡の短大卒業後、瀬口たかひろのアシスタントとして2年半活動。

その後12年に渡り週刊連載のアシスタントを勤め、チーフアシスタント的な役割も担う。兄弟子にあたる畑健二郎は「プロのアシスタントとしては恐ろしく有能でもの凄い技術の持ち主」と評する。「MAEDAX」名義で声優名鑑に載るなど多方面の活躍があり、漫画家アシスタントとして日本で一番の知名度を誇る。

独立後、フリーのアシスタントを経て2013年11月、アシスタント背景美塾を立ち上げる。

twitter_btn

柚木 元

柚木 元

東京都出身。
高校卒業後、名だたる作家の元を渡り歩き背景技術を磨いてきた、叩き上げのスーパーアシスタント。

デジタル作画など、最新の技術もいち早く取り入れ、つけペンから液晶タブレットまで幅広く使いこなす。

現在は週刊少年サンデー『ハヤテのごとく!』『アド・アストラ・ペル・アスペラ』畑健二郎のもと、チーフアシスタントを務める。

趣味はゲーム、水曜どうでしょう。

twitter_btn

石川 洋平

石川 洋平

宮城県出身。
PC・家電小売店で数年勤務したキャリアを活かし、漫画家のPC環境などの相談を受け、構築を任される。

Clip Studio PaintやPhotoshopなどデジタルツールを使って、アシスタントとしてデジタル手腕を発揮する。

畑健二郎をはじめ、高田康太郎、大柿ロクロウなどの現場を渡り歩く。

 

twitter_btn

中山 たかひろ

中山 たかひろ

埼玉県出身。
マンガアシスタントを5年経験した後、グラフィックソフトウェア開発会社に入社。デモンストレーター・営業・マーケティング担当として漫画家や学生などに対し、デジタルマンガの描き方についてセミナー等を多く行う。

マンガの描き方講座(通信講座) クリスタ解説本、執筆など。
デジタルペンのグリップを木材で作成したりと、道具へもこだわる。

twitter_btn

山崎 智史

山崎 智史

新潟県出身。
一般企業で5年半勤務したのち、上條淳士のアシスタントとして漫画業界に入りその右腕を務める。

青年誌での漫画家を志望し、自身の作品を制作しながらも様々な現場を支え、技術を学ぶ。
とよ田みのる(代表作『タケヲちゃん物怪録』『ラブロマ』)曰く「イケメンパティシエ。隙を増やして欲しい位のしっかり者です、抱いて!」

2014年、月刊スピリッツにてデビュー作『おもにおっと』掲載。

趣味は料理、お菓子作り。
そのこだわりは自身の料理作画に存分に活かされている。

twitter_btn

佐藤 敦弘

佐藤 敦弘

千葉県出身
「NARUTO」のメインアシスタントや「デスノート」「ルーキーズ」「シャーマンキング」などのアシスタントを経験、また切り絵作家としても活躍中。

2015年には京都精華大学や台湾の角川国際動漫教育のゲスト講師として参加。 2016年4月から京都精華大学マンガ学部非常勤講を務める。

 

twitter_btn

福原 蓮士

福原 蓮士

静岡県出身。
2009年に別冊マガジン『ウィザードリィZEO』や2012年には月刊ドラゴンエイジで『ライジン×ライジン』の連載で作画を担当。

現在、ヤングマガジン海賊版にて「煉獄ゲーム」の構成として担当しつつも、
月刊ドラゴンエイジにて自身のオリジナル作品「御伽のレガリア」と二本の連載を抱える。

twitter_btn

稲田 晃司

稲田 晃司

関西出身。
GIANT KILLINGを連載するツジトモ先生のもとでチーフアシスタントを務める。

その傍ら、Playstayion2用のゲームソフト『大奥記』のパッケージやキャラクターなどのイラストを手掛け、イラストレーターとしても活躍する。

2013年には、ハルタの紙面で自身の読み切り作品『クロエ』が掲載されるなど、作家としてマルチに活動する。

 

twitter_btn

北野 弘務

北野 弘務

北海道出身。
eヤングマガジンにて『煉獄ゲーム』1~6巻(完結)を作画担当で連載。

アシスタント時代には、正吉良カラク先生の『カグツチ』や、久保ミツロウ先生の『モテキ』・『アゲイン!!』などでチーフの一人として携わる。

他にもアンソロジー作品や書籍カバーイラストのお仕事、マンガ用3Dモデルなども制作したりと積極的に活動中。

twitter_btn

[monthly_calendar]